にに日記

ただの日記です

なんと2週間もブログが続いている!

単にガチで「日記」にしただけなんですけどね。

最近までブログに書くからには何かしら意見的なことをまとめようかなあとか思っていたわけですが、別にその日あったこととか思ったこととか適当に書くだけでいいんじゃね?という結論に至りました。

でもこうしてみると意外と毎日何かしら考えてるしなんかイベント的なこともあるし日記も見返すのに悪くないなあなんて思ったり。

今日は久しぶりに人前で発表というか自分の意見を言ったりして少し緊張しました。しかも全然見当違いの事だったので赤っ恥でしたけど。こういう日もあるよねってことでひとつ。

悪い意味で障碍者とかではないです 単なる怠け者ですよ

「しょうがいしゃ」ってタイプすると「障碍者」と出てきてビックリしました。

まあそれはいいんですけど。

 

なんかTwitter障碍者用の採用情報アカウントなるものがあるようでそのアカウントにフォローされてました。別に変なツイートしてるわけでもないわりかし真面目な感じだったし、基本怪しいビジネス系とか自己啓発系でもない限りフォロバする方針なのでフォロバしましたが、私は単に怠け者なんすよ。適応障害とか発達障害みたいなものではないです。もしかしてなんかの間違いでフォローされたのか、単に生きづらそうなツイートしてる人を適当に抽出してフォローしてるのかわかりませんけど。

 

まあ別に健常者とか障碍者とかどうでもいいですね。健常者でもいっぱいクソみたいな奴いるし、障碍者でも思慮深い人はいっぱいいるわけで、その辺の線引きなんて結局は主観的なものにすぎないのかなあとか思います。

連休も終わり

さてさて連休終了ですね。

またこのクソ暑い中通勤しなければならないのかと思うと憂鬱だ。ぶっちゃけ大半の人間は大した業務やらないんだし、リモートワークぎゃんぎゃん実施していこうぜ。セキュリティ?いやいや悪い人達が本気になればそんなもん大抵の会社の情報なんて抜けるでしょ。そういう事やられる価値すらないってことよ。

 

どんどん移動を削減してほしい。ま、私みたいなのがそんなん言っても単なるわがままってことで一蹴されるんでしょうけど。マジで社会から無駄をなくしてほしい。めんどくさいんですよ通勤通学は、大事な時だけでよくないですか?

 

こんなこと書きながら肉体労働とか営業職採用になったら目も当てられないですけど。まあしゃあないか。

今日は寝てばかり

なにかと眠くて15時間くらい寝ていました。

こういう日があってもいいよね。でもまだ眠いという。15時間くらい寝ると逆に1周してさらに眠くなる。頭が全然働いてない感じ。

どうでもいいけど「はた」って入力しただけで「働きたくないでござる」が候補に出てきて自分の気持ちが非常に正直に出ていると思いました、まる

amazarashiの『ヒーロー』という曲がすごくいい

amazarashi(アマザラシ)というバンド

普段はあんまり音楽とか聞かないんですが、先日知り合いからとあるバンドのライブチケットをもらったことがきっかけで少しファンになったバンドがあります。

 

youtu.be

 

 

マンガ好きな人は知ってると思いますが、『東京グール』だとか『僕のヒーローアカデミア』のアニメの曲や各種コマーシャルなどを手掛けてたこともあるわりとメジャーなバンドですね。私ももともと名前だけは知っていました。顔出しはしない謎多き集団です。

あんまり詳しくは知らないんですがこのバンドのヴォーカルである秋田ひろむさんという方、実はミュージシャンとしては一度思いっきり失敗しているんです。青森県出身で多くの若者と同じようにメジャーデビュー夢見て若き日に東京に出てくるも、なかなか日の目を見ることなく結局は一度夢をあきらめてしまい、いちどは青森に戻ってしまうという、、、なんだか私みたいな社会のゴミ溜め人間には非常に共感の持てる経歴をお持ちです。

 

その後紆余曲折ありつつも上記のようにテレビで曲が採用されるほどにメジャーな感じで活動されるという所まで立て直すところは才能なんでしょうか。ともかく多くの人に指示される楽曲を作ることのできる方なわけです。顔出しもしないのである意味純粋に音の力が強いミュージシャンといえるのではないでしょうか。

 

「何者」にもなれなくても

で、彼らの曲は何となく「暗い」んですよ。いろいろと紆余曲折あったからなのか、もともとこういう歌詞を書く人なのかわからないんですけど。でもそれこそちょっと屈折した人間だったり、あとはちょっと思春期的な心を持っていたりする人にとってはかなり刺さる歌詞を歌い上げるんです。ただただ明るくて前向きで、青春を歌っていたり恋模様を表現したりする曲もそれはそれでいいんですけど、いかんとも自分には刺さらない共感できない。そんな人にはピッタリかもしれません。ある意味大人になり切れない人間なのかもしれないですが。

 

そんな中でも冒頭にリンクを張った『ヒーロー』という曲にはとても胸打たれました。PVもそうなんですが、歌詞が本当にじわじわとくるやつです。YouTubeにも歌詞の全文あるのでそのままここにコピペ

 

ヒーロー 作詞・作曲 秋田ひろむ

 

食欲がないもんだからさ 別に小銭がない訳じゃないんだよ

君の横顔を見ていると そういう事を言いたくなるんだよ

もしも明日世界の危機が来て 僕が世界を救う役目だったら

頑張れるのにな かっこいいのにな なんて空想だ なんて空想だ

 

そしたら

僕の亡骸 君が抱いて 泣きながら

「やれば出来るんだね」って 呟いて

 

いつだってヒーロー 笑われたっていいよ

人生は喜劇の 一幕の様なもんだろ

「ここはまかせろ」 とは言ったものの 

どうすりゃいいんだろう 断崖のヒーロー

 

なんて言っても世界の危機なんて そうそう来るもんじゃないんだけど

それなりの人生の危機ってやつは 僕なんかにも訪れるもんで

孤独になっても夢があれば 夢破れても元気があれば

元気がなくても生きていれば 「生きていなくても」とかあいつらそろそろ言い出すぞ

 

そしたら 絶体絶命の危機の淵で

起死回生の一撃は きっと怒りか悲しみだ

いつだってヒーロー 殴られたっていいよ 

垂らした鼻血の色 田舎の根雪の白

連敗続きの 擦り傷だらけの

挑戦者気取りの 断崖のヒーロー

 

小銭数えて 逆算する人生も

追いつめられて 首括る人生も 

もうよく聞く話しだ 驚かないよな

今が世界の危機かもね 誰も選んじゃくれないけど

頑張れるかもな かっこいいかもな ここでやれるんなら 今がまさにそうだ 

どうせ「世界よ終われ」と願っても 世界はくそったれのまま 続いてく

 

誰だってヒーロー そんな訳はねえよ

いわゆる掃き溜めの ありふれた有象無象

そこで負けねえと 言ったもん勝ちの

よくある強がりの 「いつだってヒーロー」

絶体絶命の 絶望的状況

それでも言い張るよ いつだってヒーロー

 

日常における『ヒーロー』ってなに?

テロリストだとか暴漢に襲われる人を颯爽と助ける自分、自己犠牲の精神を発揮してかっこよく死ぬ自分。想像したことはありますか?私はあります。そしてそんなことは大体起きないし、仮に起きたとしてもまあ何もできずに死ぬでしょうね。

どうせ起きないことを想像して妄想して、でも実際起きたら何にもできない非力な自分がいます。でもそんな状況でかっこよく死ねたら、きっと今みたいなクソみたいな人生をダラダラと過ごしていくよりもかっこよく人生を全うできるんでしょうね。そんなこと起きませんけど。

 

ああでも、そんなに劇的なことは起きないけど、だれにでも自分の人生の転機くらいは来るものです。きっとそんなとき周りの人たちは無責任に励ましの言葉を送ってくるんでしょう、終いには別に死んだっていいじゃないか、それで人生全うできるんならなんて言い出すんです、他人ごとだからね。

 

だいたい人生において劇的なイベントなんか起きやしない。人一人自分の人生犠牲にしてでも事件を起こしても、それでも世界は変わらないです。無敵の人とかね。彼らもきっと「こんなくそったれた社会なんてめちゃくちゃにしてやるっ!」って思っていたことでしょう。世の中が変わらないと分かっていても生きていていいって思える場所だってありはしないんだから。どうなったっていい。

 

ああだからこそ、こんなくそったれな世の中だからこそ頑張ってみよう。どんだけありふれた人生でも、生き抜いて踏ん張って、何者にもなれなくったって、自分が自分の人生のヒーローであり続けてみよう。それがきっと自分の『ヒーロー』なんだって思う。

 

 

 

とかね。思ったりしましたよ。

クッソ恥ずかしいポエムみたいなこと書いちまった。まああああねえええええ、こういう気分の時もありますよ。そんな感じです

今日は妙に涼しかった

なんなんでしょうね、日差しもきつくないし風もいい感じに吹いてるし、気温もそこそこで湿度もまあ悪くない。夏本番前の最後の居心地のいい日でしょうか。外でカエルがゲコゲコ鳴いてます。